• トップ /
  • 語学学校の勉強方法で効果的とは

海外で英語を学ぶ際の勉強方法

語学学校の勉強方法で効果的とは

語学学校で海外生活と勉強を満喫

海外の語学学校に行って外国語を上達させたいというひとが多い中、勉強方法が気になるところです。海外生活になるので日本語を使わないというよりも出来るだけ現地の言葉に触れる機会を増やすということが語学力アップに効果的といわれています。語学学校の授業以外の勉強方法では、英字新聞は毎日目を通しながらテレビやラジオのニュースも一日30分~1時間聞くことを習慣づけると自然に耳慣れしてきます。英語が初心者のひとには求人や企業のコマーシャルなど解りやすいものから読んでいき、費用的に問題がなければプライベートレッスンを語学学校で追加することで新聞を教材にすると読解力と会話力が同事にアップします。海外の留学で気になるのが日本人の多い少ないですが、多ければ安心するといったメリットもあり、なるべく留学生の現地の友達をたくさん作って語学学校で習ったばかりのフレーズや単語を積極的に使うのも勉強方法のひとつです。留学中に翻訳アプリやインターネットを使うことで英語の機会に多く触れることができ、かつては日記が主流でしたが現在はSNSやブログの記事を英語で作成するのも英語力アップに繋がる勉強方法です。語学学校では1日4時間前後授業を受けるので英語脳を作るのに最適で、解らないことがあれば積極的に質問することで答えが明確になり勉強の整理にもなります。また、日本では曖昧な態度も良しとされながらも海外ではそうでない場合があるので、日常の生活でも解らなければ何度も聞き返すことでリスリング能力が付きます。海外生活では外国語に加え現地の文化をしっかり学ぶことで、経験という大きな財産だけでなく自信も付いてきます。

↑PAGE TOP